未来の建築家

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

実務以外の分野  

まぁ、知らないことが多いこと(笑
普段、実務で行っている内容などであれば記憶にも定着しやすいものの。
まったく今まで御縁がなかった分野なんかはやはりイメージが乏しく。。
苦手意識が先行してしまい、勉強も思う通りにはかどりません。

そんな私。
設備関係には普段から接する機会があまりないもので。
問題だけを眺めていても進歩しないと言うことに気付き、
買いました。

原口秀昭大先生の「ゼロからはじめる建築の設備」
2級建築士受験のときは楽しいゴロ合わせで難なく一発合格できましたが、
そのシリーズ本とでも言いましょうか。
非常に分かりやすく建築の設備について説明されています。
今までボンヤリと覚えていた単語達が線で繋がったと言う感覚です。

昨日から計画(設備)の1巡目に入ったのですが、
前回とは明らかに理解度が違いますね。



1級建築士試験、その出題範囲は非常に広い。
なので普段から常に意識を持って情報を収集したり、疑問に思って調べてみたり。
そんななにげない知識の集まりが必ずプラスになると確信しています。
事務所の机においていますので、昼休みにサラリと読むようにしています。
もうちょっとで読み終わるので、また、そのスキマ時間を何に使うか考えなければいけませんね。
スポンサーサイト

category: 建築

tb: 0   cm: 0

住まいの耐震博覧会  

土曜日、友人と「住まいの耐震博覧会」なるものに行って参りました。
NICEさん主催のこのイベント。
去年は行くことができなかったんですが。
今年、ようやく行くことができました。

会場は思ったより広く(マリンメッセ福岡)
ところ狭しと各メーカーの新商品が並んでおりました。
メーカーの各担当者がブースで詳しく説明して下さっており、非常に勉強になりました。
商品そのものについても勉強になるのですが、担当者の営業トークと言いますか。。
盗める技術はなんでも盗む。
面白かったです。

住まいの耐震博覧会①

住まいの耐震博覧会④

工務店ブースでは各社個性あるプランを出展されてました。
その中でも一際目立っていたのが、実は僕が以前勤めていた住宅会社。
ここでお見せできないのが残念ですがw(写真撮るの忘れていた!)
僕の後輩ちゃんが企画デザインしたらしいです。
さすがやね。って思ってしまったw
なんと、今回のイベントでそのブース「金賞」を頂いちゃったみたいです。

おめでと~!

category: 建築

tb: 0   cm: 0

GALLERY WATASI  

「これから10年僕らが考えること」と題して、若手建築家さんたちのトークイベントが開催されました。
残念ながらトークイベントには参加できず、悔しい気持ちですが、
展示会はその後10日間ありましたので、先週土曜日、天神の「GALLERY WATASI」に友人と行ってきました

作品のすばらしさももちろんの事ですが、作者の生立ち、想い、などに共感させられると共に、久しぶりに奥の深い所をビンビン刺激されて今まで感じたことの無いような気分になりました
あらためて今、自分が居る環境、これから進むべき道について深く考えることが出来ましたし
今、自分がどの地点にいるのか再確認できました

大変、楽しかったです。

こんな説明で申し訳ありませんが、今そんな気持ちですw
欲を言うならば、もう少しゆっくり観たかったなぁ~。駆足だったもので。。
撮影の許可を頂いて少し写真を撮らせていただいたので、その一部をお見せします。

壁一面にクライアントとの打ち合わせごとの模型が。。
一つの建物にこれだけのプラン検討や模型の製作をするなんてすごい・・。
GALLERY WATASI⑤

壁にはいつくばって模型の中を撮影しました
中はキッチンなどの設備やソファーなどの家具類も本当によく製作してありました。
GALLERY WATASI①

合板を積み重ねただけでもアートになるんですよねぇ。
GALLERY WATASI③

category: 建築

tb: 0   cm: 0

平面プラン  

友人の紹介で平面プランをすることになり、
約2週間かけて完成しました
施主は京都の町屋風の住宅を希望されておりました。
その他、要望は多数あって非常にこだわりのある計画だったと思います。

ポイントは、
1)大容量のシューズクローク
2)キッチンから駐車場への裏口
3)大容量のウォークインクローゼット
4)庭を眺められる浴室
5)広いウッドデッキ
6)洗濯物を干したまま外出できる物干スペース
7)玄関土間の談話スペース

などなど。

これが完成したプランです。

田久の町屋

施主の要望は多かったものの、各室必要な広さは確保できましたし、
要望はすべて盛り込めたのではないかと思っています。
方角についても、一番長い時間過ごすことになると思われる寝室とリビングを南に面し、
一人暮らしと言うことで、コンパクトながらも贅沢な間取りになったと思っています。
今回、特に重視したのが家事動線です。
プランを見て分かる通り、動線が内外問わず円でつながっていると思いますが、このがポイントです。

先週末にプレゼンを行っている様子なので結果を聞くのが楽しみです。

3DCADが未だありませんので、手書きでのプレゼン資料作成となりましたが、
逆に差別化にもなって良いアピールになったのではないかと。。
いや、でもそこまで上手な資料ではないのでなんとも・・・ですが。
(こちらの方もプロ級と言われるまではまだまだ遠いな・・)

実はVectorworks欲しかったりもします

プレゼンの結果はまたお知らせします。

category: 建築

tb: 0   cm: 0

calendar

profile

link

latest articles

recent comments

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。