未来の建築家

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

やってきたこと  

勉強は高効率・高回転で,が今年の課題でした。


いつぞや同じブログ大賞でブログしていらっしゃるハナさんが紹介されていた速読術の本を,そーですね。
去年の不合格を受けてからすぐ購入して読みました。


今年はそれを実行できたと思います。



出題範囲がとにかく広い一級建築士の試験。


科目毎に一巡するまで進めていたら次に戻ってくる頃にはほとんど忘れています。


なので年度毎に細かく刻んで進める方法に徹しました。


その中に力学や高さ制限等の計算問題ももちろん含めています。




うまくいけば1日に1年分です。


次の日には次の年って感じです。



連続して同じような内容の出題があった場合はより記憶定着に繋がりますし,
少し間隔が空いたにしても数年分です。
日にちにしても14日間以内に類似問題には突き当たります。

記憶の定着も14日以内に復習するのが限界とか確か。。


これなら記憶に残るか残らないかのギリギリのラインで復習している事になります。



僕は記憶がカナリ苦手です。


でも,自分の事を良く分かっています。


覚えているうちに復習しても意味がない体質。


忘れる寸前に必死に思い出そうとする脳の動きが一番長期記憶に定着させるのに良いと思っていました。




自動再出もほとんど使いません。

付箋機能も使いません。

力学、高さ制限の問題は紙ベースでやりません。

計算問題は会社から持ち帰ったウラ紙を使って計算式を必ず書きました。

その枚数,数えてませんがA4一束は軽く使いました。

500枚以上です。



年度毎に解くこと計6巡。


最後の2巡は網掛けをしながら重要な数字などをインプットしました。


この勉強法が可能なのは合格物語だけ。




さて,今日は友人と図書館を3つほど回ってきました。

福岡市総合図書館


カーテンウォールに映る雲と空の青がメチャ夏ですねw


明日は一日中、講義です。
頑張ります ´ω`)ノ~
スポンサーサイト

category: 日記

tb: 0   cm: 0

calendar

profile

link

latest articles

recent comments

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。