未来の建築家

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

7/14  

お疲れ様です。

そろそろ,体調管理にも気を付けましょう。


今日の勉強
H16-17環設 116問 96%
H16-17計画 105問 97%
H16-17法規 234問 98%
H16-17施工 242問 99%


3連休取れた方,そうでない方,いらっしゃると思います。


本試験前,最後の週末ですね。


来週の今頃は・・・。焦りまくっているのかw


去年の今頃は緊張しまくって何も手につかなかった。。そして色々やって。


最終的にはいつもの合格くんをやる!って感じだった。




今年はその迷いがありませんね。




少し勉強ネタも。


よく間違える問題の一つとして,


積算の所要数量を求める場合の割増についてあると思います。

形鋼,鋼管及び平鋼 5%
広幅平鋼及び鋼板  3%
ボルト類      4%
アンカーボルト類  0%
デッキプレート   5%


これですね。

要するに設計数量(NET)では足りない可能性がる材料に対してロスを見込みますって事で,


決め事ですね。



一番間違いやすいのはこの2つじゃないでしょうか。

形鋼,鋼管及び平鋼 5%
広幅平鋼及び鋼板  3%


なぜ,広幅平鋼と鋼板は3%で良いのか,

答えは,鉄骨業者が建築用の鋼板の大部分を切板材で購入して使用しているからだそうで,


これ以上は良く分からんですが,ようするに切板材で購入して思い通りの寸法に加工できるからロスが少ないですよー。ちゅう事だと。


これに対して形鋼とかはいわゆる,アングル材とか溝形鋼ですね。

ロスが多めに出ますので5%必要です。



後は簡単,アンカーボルトは本数間違いようがありませんのでロス率0%でオーケーよ。



考えれば簡単な決め事ですよね。


積算って現場や設計事務所にお勤めの方だと普通に分かる問題と思いますが,


意外と馴染めない方もいらっしゃるような気もしましたのでちょいと書きました。




それでは今日もお疲れ様でしたー。あー目がシバシバする。
スポンサーサイト

category: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sora132.blog88.fc2.com/tb.php/336-819c084d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

calendar

profile

link

latest articles

recent comments

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。