未来の建築家

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

作図法  

3時間以内の作図方法についてコメントありましたので少し書きたいとおもいます。


僕は、インターネットやツイッターなどで得た情報の中で、自分に合いそうなものを選んで取り込んでいます。


その中でいくつか効果のあったものをご紹介しますが、
同じことをやっても縮まらない場合もあるので、そこは個人差と言いますか。
その場合はまた、別の方法を検討頂ければと思います。
(いろんなサイトありますので検索される事をお勧めします)


①仮線を引かない(柱、内壁すべての仮線を引いてません)
②外壁→竪穴→区画→内壁(乾式)の順番で引いて壁小口の処理はしない
(なんの壁が優先されるか考えたら簡単です)
③②の壁の作図は1、2階平面、伏図と同じ場所の部位は同時に作図します。
④建具の位置の検討(位置により早く描けます)
⑤外構、家具はフリーハンド(精度で個人差有り)

他にもこまごまとテクニックはあると思いますが、

僕的に効果があったものを5つばかり。


やはり、全体的に水平は水平でまとめて描き、垂直は垂直でまとめて描く。

平行定規の動きを少なくする。

これでキマリではないでしょうか。



製図一年生は早い段階で作図時間を3時間以内にもっていかないと後がしんどいですよねー。


ほとんどの一年生が未だ4~7時間かかっている様子です。

その中から4~5割の合格者が出る訳です。



今の時期で3時間以内大丈夫!

ってなるとだいぶハンデもらってるようなモノですよね。



他のエスキスや記述の勉強に時間を回せますし。

なんたって合格図面の土俵に上がる為の一歩ですから。



本試験までには大体、3時間以内で描けるようになっている...。

的な事をよく資格学校とかで聞きますけど...正直...本当かどうか 笑



何も対策なしで繰り返し描くだけで飛躍的に早くなんてなりません、僕が思うにですけど 笑



試験の課題にワザワザ書かれています。

「フリーハンドでもよい」

しかも、1/200で表現しなければなりません。


3時間以内であれだけの内容を描かないといけない訳で...。


って事を考えると、自ずと答えが見えてきました。

他の方の合格レベルの図面を見るのもかなり有効です。



5分,10分単位で短縮できる方法を模索して、自分に合う方法をどんどん試す事をお勧めします。



と言う僕も大して速い訳じゃないですけど、

一週間とか放置するとすぐ3時間超えますので 笑


鈍らない程度の作図練習はしておかないと本番は泡喰いますよね 汗
スポンサーサイト

category: 日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sora132.blog88.fc2.com/tb.php/356-6bce86e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

calendar

profile

link

latest articles

recent comments

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。