未来の建築家

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

今更思い出した  

製図試験の当日。

服装は調節できるものが良いと思っていたけど、

もし、エアコンが付いていたら寒いぞと思い少し着込んで行った。

基本、寒がり。


教室に入ってしばらくは良かったものの、狭い教室でぎゅうぎゅう詰め。

受験生の熱気は半端ではなく体感気温は思いのほか上昇。


窓は閉め切ったまま。

節電中でエアコンはオフ。

い...息苦しい。

上着はとっくに脱いでいる。。


回りを見てもみんな平然?としている。


ええぇぇ、暑くないのぉ?


試験開始はまだ先だったので窓側に座っている彼に窓を空けてよいかと満面の笑みで聞いた。



答えは、それは僕に聞かれても...。


はぁ。

そうじゃ無くて、空けるのは僕ですがご迷惑じゃないですか?
と、聞きたかった。


じゃぁ熱くてこのままでは集中できそうもないので空けますよと。


なんでイチイチ窓の開け締めごときで試験官の承諾が要るんだっつの。

空けてダメなら締めるだろうしとにかく空気入れ替えたかった。


で、勝手に開放。


空気が入れ替わり気持ちいい...脳内リフレッシュ。



その後、夕方になるにつれ西日が直射し汗だくになったのですが。

課題分の日射に配慮する前に試験会場の日射をどうにかしないと倒れそうだった 笑



たかだか6時間30分の付き合いとはいえ、窓側の見知らぬ彼と話したのはその一言だけだった。


彼は合格していたのだろうか。
スポンサーサイト

category: 日記

tb: 0   cm: 1

コメント

こんにちは。
やっぱり暑かったですか。
学科の試験会場も暑かったですか?
食堂は開いてますか?
教えてくださいませ。

まっくす。 #- | URL
2013/04/10 15:43 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sora132.blog88.fc2.com/tb.php/382-5ba79a28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

calendar

profile

link

latest articles

recent comments

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。